Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>




qrcode





グリムス(gremz)
あなたの中の可能性や希望の種に光をあて 育てるお手伝いをしています。

プロフィール その1
20:11
仕事中心で過ごした20〜30代

無自覚にストレスをため込み
新築になった職場の建築材で体調を崩していきました。

 そんなものだと思っていたんですよね。
 すっきりしなければ
 頭痛薬でスッキリさせて
 胃がおかしいと思えば
 胃薬でごまかして
 体力が・・・と思えば
 ドリンク剤
 それでも 変だと思わなかったですし
 そこまで仕事をがんばっている自分に
 どこかで満足していたのかもしれません。

休日は体調崩して
動けない・・・

遊びに行くなんてとんでもない!!

そんな20代を過ごしておりました。

| 2010.09.09 Thursday | ☆あいりす☆について | comments(0) |

プロフィール その2
20:14
休日だけ寝ていたら
仕事の日には回復

 今 思えば 若さですよね(苦笑)


翌日の準備をしなければと
遅寝遅起の習慣ができてしまいました。
 (これが なかなか修正できずにいるんですよね
  自分の中で そのタイムテーブルができあがってしまっていて)

 食生活もめちゃくちゃで
 12時にお昼を食べたら
 帰宅する10時過ぎまで 飲み食いなし

 仕事中の休憩時間はないし
 お手洗いさえ よほどでなければ行けない

次第に
家に帰ったとたん
空腹を満たしたら
もう寝たい・・・でした。

そんな毎日を過ごしているうちに
仕事中以外は体調不良という状態になっておりました。

仕事とスイッチ入ったとたん
どんな症状も消えてしまったので
(押さえ込んでいたってことですね)
「こんな生活で身体大丈夫かな?」と思いつつ
仕事は大好きだったので
「辞めたい」と心のどこかで思っていても
決断できずに過ごしていたのです。

 ぎっくり腰になっても
 仕事に行ってましたから。

 声が出なくても
 仕事に行ってましたから。

 「声が仕事道具なのに」と
 つっこみを入れられながら

 中学生になると
 「ボードに字で説明するのでいいから
  しゃべらなくていい」と言われる始末

こうして書いたら
本当に 身体の声なんて聞いていなかった私です

| 2010.09.09 Thursday | ☆あいりす☆について | comments(0) |

プロフィール その3
20:15
心の声なんて
身体の声さえ聞いていないのですから
まったく聞こえない振りしてました。

そんな私に
修学旅行のおみやげだと
ハーブティの箱を手渡した女の子がいました。

「店員さんにこれがいいですよって言われたから」

その頃はまだハーブのブーム前でしたので
ハーブ=癖のあるお茶→美味しくない
インプットされていたのですが
せっかくの生徒の気持ち
帰宅後飲んでみることに



美味しいじゃないですか

とあっという間に1箱飲んでしまった私

すると まず 欠かせなかった頭痛薬と胃薬を忘れてる
そのことに気づきました

ハーブって身体にいい?と
そこから始まった ☆あいりす☆への道

| 2010.09.09 Thursday | ☆あいりす☆について | comments(0) |

プロフィール その4
20:16
ハーブと言えば
中国雑貨店に並ぶカモミールやジャスミンティが一般的
そんな時代でした。

ハーブの本も出ていましたが
まだそんなに多くはありません。

なので 興味のままに
読みあさりました 

子供の頃から
「本はどんどん読みなさい」と言う教育を受けていたもので
出版されている一般的なものはほとんど集めましたね。

書店よりハーブの本が揃っていた我が家です

 父が休日に連れて行くのが
 伏見稲荷と書店というそんな子供時代を過ごしたのでした。

で、いろんなハーブがあることがわかりましたが
日本での入手先はまだ少なく
自然 海外に目がいき
海外通販で購入することに。

まだWINDOWS95が出る前で
ファックスでのオーダーです。

 実は、海外通販のためにファックス買いました

アロマテラピーを知ったのは
ハーブのオーダー先のカタログから。

情報はハーブ以上に少なくて
本も海外から取り寄せては読んでました。

一番英語に接していた頃です。

 英語を習得してよかったと思ったもの(笑)

で、今度は カタログにバッチレメディの名前

 なんだ?なんだ?

こちらは国内では全く情報ナシだったので
カタログ片手に 悩む、悩む・・・。

でも 興味が勝って 取り寄せたのが
アグリモニの1本のボトルでした。


 その間 ハーブブームが興り
 情報を得るために PC購入
 (それが 私のパソコン好きのスタートでした♪)

 私って こういうパターンばっかりかな

 ネットで 便利な世の中になったものだとつくづく思ったものです

| 2010.09.09 Thursday | ☆あいりす☆について | comments(0) |

プロフィール その5
20:17
情報も何もなく
ボトルに記載の飲み方のみ

なので、ストックボトルから
そのまま服用していました。

 なぜアグリモニを選んだのか、、、
 それは リストの1番目だったからか
 何かで得たキーワードだったからか
 すでに忘れております。

ボトルが空になる頃
なんとなく 気持ちの持ちようが変わっているような、
そんな気がしたのです。

あれ? なんとなく 楽な気がする

ちょっといろいろ試してみよう

と本と一緒に、何本かボトルをオーダーしました。

 そして 気がつくと
 39本が揃っていた。。。

 本もズラッと並んでた

出版されるアロマテラピーとバッチレメディーの本も
その度に購入していたから
本当に 私の凝り性はすごいものだと
自分でも つくづく。。。

 アロマテラピー検定ができた頃
 どんなもの?と思って受けた1級
 10分足らずでできちゃって
 時間を持てあまし、、、
 無事 合格証書を受けとった私に
 友人は それだけ お金つぎ込んできたものねぇ〜と
 しみじみと言ったものです。

 自覚なかったんだけどなぁ

| 2010.09.09 Thursday | ☆あいりす☆について | comments(0) |

プロフィール その6
20:18
バッチレメディ 1本目を服用後
気の持ちよう、考え方が楽になっていました。

 興味だけで
 まったく期待も 思い入れもなく服用したのが
 かえってよかったのかな?

で、なんとなく興味を持ちつつも 動けなかった
レイキを受けに行きました。

 誕生日の日だったかな?

ファーストを伝授していただき
その数日は 手からバチバチと電気走ってました。
おもしろい〜☆と単純に思ってました。

 伝授中は
 すっと何もない 真っ黒の空間にいる自分を感じた
 ただそれだけでした。

そして ずいぶん経ってから
セカンドを伝授していただきました。

レイキを使ったのは
我が家で預かった犬が
調子悪そうにしていた時と
塾で生徒が壁に思いっきりぶつかって
頭を打った時

実は やっと動いたわりに
活用できずにおりました

使いたい!って気持ちがまだなかったのですよね。

そして 関西でバッチレメディのプロコースがあることを知り
確認の意味を含めて 受講することに。

この受講が 実は重要なポイントになったのでした。

| 2010.09.09 Thursday | ☆あいりす☆について | comments(0) |

プロフィール その7
20:19
エッセンスをキーワードではなくて
エネルギーを読んで選ぶ

これまでにない選び方に
そして そこで知ったのは
頭で選ぶことの限界と
エネルギーって正直だってこと

だけど人によっては
頭で理解できていることから順々に
本当にタマネギの皮を1枚1枚めくっていくように
焦点を絞っていく方がいい場合もあることも学びました。

講座の受講仲間に作ってもらった調合ボトルは
自分自身では選ばないような、
そんなエッセンスが並んでました。

服用する度に
エネルギーが動くんでしょうね。
ブロックのあるところが痛む、痛む
まるで

だけど 痛みがおさまると また服用して・・・。

心のどこかで早く自分の中のを処理したいと
思っていたのでしょう。

ボトルが空に近づくにすれ
痛むことはなくなったことは覚えています。

| 2010.09.09 Thursday | ☆あいりす☆について | comments(0) |

プロフィール その8
20:20
プロコース受講後に 定期的に集まっては
練習兼ねて、セッションをシェアしていました。

その頃の私の口からよく出たのは
「仕事を辞めたいけれど、決断できない」

  心身の状況を考えたら
  辞めた方がいいから 辞めたい
  だけど好きだから  辞めたくない

  頭で結論した答えは 辞めた方がいい
  ハートで出す答えは 辞めたくない
  決断できなかったと言うより
  したくなかったのでしょう。
   (今なら そう思います)

  ハートが受け入れられない答えには
  なかなか行動が伴わないってことなのかもしれません。

セッションのシェアの集まりの中で
他のエッセンスともご縁ができ
そんな中の1つがペレランドラでした。

関西でも 勉強会があると言う情報で
アメリカのフィンドホーンと言われている。
おもしろそうだよと
その時のメンバーの多くが
参加することになりました。

まだまだ受動的だったその頃の私

『ペレランドラ』が
私にとって、☆あいりす☆にとって
大きなキーワードになろうとは
その頃全く想像もしていませんでした。


あっ、プロコースを受講しましたが
認定試験は受けていません。
いろいろ規定があって
そこに魅力を感じなかったから。
そして 「縛り」をいろいろ感じたから。

どうも「縛られる」ってことが
私はダメなようだと
その頃 少し わかってきました。。。

 えっ、幼稚園の時
 上から目線の
 自分たちの考えを押しつける先生に
 「辞める!」と言ったこと?(中途退園しています)

 小1では まだ言葉がなかった「登校拒否」していたこと?

 圧迫感とか、枠とか、そう言うのがいやなんだと
 子供だから わかっていなかったのですよね。

 自分を表現するって事が
 どうもわからなかったから
 全てにおいて どこか 受動的でありました。

 子供って
 表現方法が少ないから
 本当に言いたいことではなく
 他の言い方で表現していることが多いんですよ。

 今は 大人もそうかもね。

| 2010.09.09 Thursday | ☆あいりす☆について | comments(0) |

プロフィール その9
20:21
ペレランドラ

2000年でしょうか。

勉強会に参加してみると
知っている顔がいくつもありました。

エッセンスだけではなく
その頃 まだ あまり知らない世界だった
エネルギークレンジングをはじめとした
エネルギーワーク的なものもありました。

「おもしろい!」

新しいおもちゃに夢中の子供のように
学ぶことが楽しくってしかたなかったです。

正式な講座が開かれることが決定し、
神戸まで通うことにしました。

MBPと言うプログラムでは
微生物のバランシングと言うことを学び
シックハウスだと思われる症状も
ずいぶん改善されたような気がします。

 今では かなりお手軽にできるMBPソリューションが誕生し
 内からのバランスを整えます。

 最近はほとんど服用しなくても 大丈夫になりました(^^)

そして、ガーデニング
正確に言うと ソイルレス・ガーデンと言うプログラムで
植物を育てるように
自分がしようと思うこと、プロジェクトを育てていくのです。

DDP(方向性 意図 目的)を設定し
ガーデンとして耕していきます。
 何を、どのように育てるのか
 そして、収穫するには 何が最適であり 最善であるのか。

また 自分の畑だけ豊かになればいいと
他の畑に不要なものを持ち込んだり、放棄するのはダメなように
自分さえよければで取り組むのではなく
全てにとって、どうすればバランスが取れるのか
エネルギーの循環は? と言う軸のもと
取り組んでいきます。

 私にとっての最初のソイルレス・ガーデンは
 その当時の仕事、塾でした。

 その頃も辞めた方がいいよねと思いながらも
 やっぱり好きだもの で 続いていたのです。

 で、それなら いかにバランスよく
 この塾を動かしていけるのか、働けるのか
 生徒たちにとっても最善になるのか
(私は派遣講師だけど 担当している塾は私に任されているから)
 ガーデンとして耕したわけです。

  本当にいろんなことを学びました☆

 2年間 月1 神戸に通いつつ
 平日(6日間)は 塾でガーデンとして耕しつつ
 楽しくやっていました。

 実のところ
 まぁいいかな、辞めなくてもって気もしてきていました。

| 2010.09.09 Thursday | ☆あいりす☆について | comments(0) |

プロフィール その10
20:22
そんな中
小さな頃から どうも惹かれる水晶というのか、クリスタル

クリスタルのワークが京都で開催されることになりました。

うわぁ〜 絶対参加したいと思ったら
開催日は ちょうど受験シーズン
そんな時に 1週間もお休みいただけません
  と思い込んでおりました。
  はい 他の方は 休んでいたりしたのですが。。。

そのワークに参加した友人たちが
その後すごく楽しげにクリスタルの話題をし
どんどんクリスタルたちと親しくなっていきます。

それを横目で見ていて
私、ずっとやりたいと思っていることさえ
仕事のためと言って
あきらめていくのかな?と思ってしまったのです。

そして 塾自体も方針が変わってきていて
どうも エネルギー的に合わなくなって
上司の何気ない(?)言葉に カチンと来て
あぁ、もう 我慢しない!と その場で辞めることを決意
 (表明はしなかったのですが)


だけど 大好きだった生徒たちと別れることが辛かった・・・
そして その後の生活の不安
変化に伴う恐れとか
いろいろなもの どうしたものかと思った時
関西で クリスタルのワークが開催☆

それは マーガレットのテラグラムセラピーというもので
メノウ板をスライスしたものを使ったヒーリング方法でしたが
これだ!と案内受けとってすぐ申込みました。

| 2010.09.09 Thursday | ☆あいりす☆について | comments(0) |